診療科目

脳神経内科/神経内科/脳内科

主に、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気の検査・治療を行う診療科です。

脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの異常によって生じる疾患を治療する診療科です。症状としては、頭痛、しびれやめまい、脱力、うまく歩けない、動作が鈍い、しゃべりにくい、両目で見ると物が二重にみえる、もの忘れ、痙攣発作などがあります。代表的疾患としては、頭痛、脳血管障害(脳卒中)、パーキンソン病などの神経変性疾患、多発性硬化症などの神経免疫疾患、多発性筋炎、てんかんなどです。

対象となる病気や症状

  • 脳梗塞・脳出血・脳腫瘍頭痛
  • めまい症・てんかん
  • パーキンソン病
  • 多発性硬化症
  • 脊髄小脳変性症
  • 多発性筋炎
頭が痛い・重い、めまい、肩こり、手足のしびれやふるえ、力が入らないなどの症状がありましたら、お気軽にご相談下さい。

主な検査

MRI検査、レントゲン検査、CT検査、脳波検査、神経伝導速度検査、超音波検査など。

主な治療法

薬物療法/リハビリテーション など
発作や出血直後の救命等は対応できません。その際は福岡赤十字病院、九州医療センター、福岡大学病院など近郊の救急・専門病院をご紹介します。
項目
午前  
午後      
※土曜日は月に1回の診療となります。