看護部

看護部

「ここに来て良かった」と安心、満足していただける
心のこもった看護を目指して

私たちは、看護の本質は「患者さんの気持ちを理解し、心に寄り添うことは看護を実践するうえで大切なこと」と学び、当法人看護部の理念のもと、患者さんの心に寄り添い、安心、満足していただける心のこもった看護・介護を努めております。この実践のために必要なことは、安全で質の高い看護・介護実践力を身につけること、心にゆとりを持てること、”思いやり”・”感謝”・”助け合い”のできる豊かな人間性を養うことだと考えております。
日々の看護や介護に「やりがい」や「達成感」を持ち、しっかり学び考える力を身につけ、自己成長を感じることができる教育体制の整備はもちろんですが、職員一人ひとりを大切に、惜しみない支援と、チーム一丸となってのサポート体制を整えます。そして笑顔にあふれ、活き活きと輝ける職場環境づくりに全力を尽くしていきます。患者さん、職員ともに出会いを大切に、「ここに来て良かった」と満足していただける長尾病院看護部を目指します。

医療法人順和 長尾病院 看護部長
岡 登志子

看護理念

「心によりそう看護」

~患者さん、ご家族の笑顔と満足のために信頼される最善の看護・介護をとどけます~

基本方針

  • 患者さん、ご家族からのご意見大切にし、看護・介護サービスの向上に努めます。
  • 地域に根ざす病院職員として日常の看護・介護実践をとおし地域医療に貢献します。
  • 医療チームの一員として、部門・部署間の連携を図り安全で安心、信頼できる看護・介護の提供に努めます。
  • 看護・介護職員として変革する医療に対応できるように知識・技術の研鑽、自己啓発に努めます。
  • 明るく働きやすい職場づくりを目指し職員間の信頼関係の構築に努めます。

部門紹介

外来

外来では“疾病の早期発見・治療・予防に貢献する”という方針を掲げて、受診に来られる方々の診療の補助をはじめとし、疾患に関するご相談をお受けしています。身体の障害を持たれた方やご高齢の方も多く、介護保険部門との連携を図り、少しでも日常生活が穏やかに過ごすことができ、ご不安の軽減につながるように努めております。フットケアを含めた看護相談も行いますので遠慮なくお声かけください。

透析室

当院はリハビリ入院ができる透析施設として、地域の透析患者様の社会復帰のサポートを目指しています。入院患者様には、安全にリハビリが受けられるよう、適切で快適な透析医療を提供します。外来維持透析の患者様には、安全にその人らしく透析ライフを送って頂ける様、ご家族や他職種と連携し、個別性に応じたサポートに努めています。元気に通院して頂くために、足のケアにも力を入れています。旅行・帰省などの臨時透析もお受けしております。

入院

3階西病棟(一般病棟・地域包括ケア病床)

3階西病棟は23床の一般病棟と10床の地域包括ケア病床を併せ持つ病棟です。
一般病棟は専門的な治療や検査、リハビリテーションが必要な方を受け入れる病棟です。地域包括ケア病床では急性期治療後や在宅介護や施設からの緊急時の受け入れなどを行っています。リハビリを行うと同時に疾患へのケアも継続し、患者様やご家族の意向を確認しながら、当院スタッフやケアマネジャーと連携を図り、在宅復帰を目指していきます。

3階東病棟(療養病棟)

3東病棟診療方針は「慢性期疾患の治療や看護を通し、自立への支援を行っていく」。30床の療養病棟で、症状が安定していても在宅に戻るには不安が残る患者が、療養をしながら透析、リハビリを行い、自立した生活が送れるように支援することを目的とした病棟です。主に慢性腎不全、パーキンソン病などの神経難病などで内科的治療やリハビリテーションの継続が必要な方等の医療制度上の医療区分2以上を受け入れ対象にしています。

4階 回復期リハビリテーション病棟

4階病棟は60床の回復期リハビリテーション病棟です。脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などにより、身体機能の低下や日常生活を送ることが困難になった方を対象とし、365日リハビリを行っています。多職種で構成されたチームで支援することで早期の日常生活の改善、在宅や社会復帰を目指しています。集中したリハビリだけでなく、食事や着替え、歯磨きや排泄の援助なども含めた24時間の看護の提供をしています。