部門紹介

部門紹介

診療部

当部門は法人の理念である「一人ひとりのライフステージに応じた最良の医療・福祉を提供する」をもとに、確立された根拠に基づきながら患者さん一人ひとりの特徴・意志に合わせた全人的医療を行っています。また、日々進歩する医療技術に対応すべく各員が自己研鑚を積み、チーム医療を率先するリーダーとなって患者さんが安心できる医療を提供できるように努めています。

リハビリテーション部

当院リハビリテーション部では病気による身体機能障害、高次脳機能障害、日常生活活動や社会参加への困難に対し、医療保険による入院・外来・訪問リハビリテーションを、介護保険による通所・訪問リハビリテーションを実施しています。患者様・利用者様ひとりひとりの生活に合わせたリハビリテーションを心掛け、リハビリロボット、薬物療法、促通反復療法、腱延長術、嚥下リハビリなど、専門性の高い技術も取り入れながら実施しています。医師をはじめ、多くの職種が連携して医学的根拠に基づいたリハビリテーションを提供します。

看護部

長尾病院看護部は、患者さんとの出会いを大切にし、「ここに来て良かった」と安心、満足していただけるよう、心のこもった看介護を日々実践しております。さらに、チーム医療の一員として、安全で質の高い看護が提供できる実践力を養い、豊かな感性を磨いて行けるよう人材(人財)育成に力を入れております。また職場環境の構築を目指し、職員を大切にし、一人一人が笑顔にあふれ、「やりがい」や「達成感」の中で自己成長を感じていけるよう、教育体制の充実にも力を入れております。

看護部のご紹介
 

診療技術部

栄養管理科

当院の栄養管理科の大きな特徴は摂食嚥下リハビリテーションを重視していることです。そのため嚥下能力に応じた食事や、摂食嚥下の訓練のために食形態を細かく段階的に設定してあります。また、多職種で密な連携をとっており、定期的に嚥下食会議を開催し、新たな課題に取り組んでいます。全ての患者さんに満足して頂けるよう、常菜からペースト食まで安全かつ見た目にも美しいおいしいメニューを提供することを目指しています。

臨床検査科

臨床検査科では、主には人体から取り出した血液や得られた排泄物(尿、便)などを分析する検体検査、直接人体に測定機器などを装着し器官や臓器の機能を調べる生理検査(超音波検査や脳波検査等)を行っています。また、その他にも様々な分野の検査を実施しております。
測定された検査結果は医師の診断、治療の方針決めなどに利用される重要なデータとなる為、チーム医療においても重要な役割を担っています。

放射線科

放射線科では、主に一般撮影・CT検査・MRI検査・透視検査・骨塩量測定検査などの検査を行っております。
患者さんの心身の負担を考慮し、安心して検査を受けて頂けるよう心掛け、且つ、放射線科専門医による遠隔読影レポートシステムの採用により迅速な画像診断ができるように努力しております。
検査についてわからない事や、不安な事などございましたら、お気軽にお尋ねください。

薬剤科

薬剤科では、入院時にお持ちになられた薬の確認から始まり、使用中の薬についての服薬指導を行うとともに、薬の効果や副作用などを評価し、入院中の薬剤の適正使用を推進しています(薬剤管理指導業務)。退院時には、退院後も入院中と同じように安心してお薬を使用できるよう、患者さまやご家族さま、施設担当者への説明を行うなど、関連各部署と連携し、チーム医療の一員として薬が安全かつ有効に使用されるよう取り組んでいます。

臨床工学科

臨床工学科では、人工透析装置・人工呼吸器などの生命維持管理装置の操作・保守を行うほか、院内の様々な医療機器の保守・点検を行い、機器の安全性確保と効率的な使用が出来るように管理をしております。現在の医療現場では様々な場所で機器が動いているため、これらの機器を安心・安全に使用出来るよう日々努めています。

医事課

医事課は受付から会計等の窓口業務および診療報酬の請求等を行う部署です。
南側の玄関から入った正面の受付カウンターと、その後室にて業務を行っています。
当院へのお電話(代表電話)も医事課にてお受けしています。
患者さんが安心して治療を受けて頂けるように配慮するのはもちろん、院内での時間を快適に過ごしていただけるよう心がけております。
また、各種相談の窓口も兼ねており、内容に応じて適任者へお取次ぎしますので、どうぞお気軽にお尋ねください。

医療安全管理室

医療安全管理室では、医療従事者の個々のレベルでの事故防止対策を医療施設全体の組織的な事故防止対策として推し進める事によって医療事故を無くし、患者さんが安心して安全で良質な医療を受けられる環境を整えることを目標に医療安全に関する業務ならびに感染予防・感染対策に関する業務を積極的に活動しています。

診療情報管理室

診療情報管理室は、日々の診療行為が記載されている診療録(カルテ)の適切な運用、管理、保管、データ分析を行う部署です。診療録は、医師法第24条に規定される公的な記録で、診療経過と医学的診断の根拠となる大切な情報です。診療録が適正に作成され、その情報を有効活用し、患者さまへのよりよい医療サービス提供に貢献できるようチーム医療を情報管理の側面から支援していきます。また、診療情報管理士2名を配置し「診療録管理体制加算1」の体制にて精度向上を図っています。

総務課

総務課は、総務、人事、経理、庶務といった業務を中心におこなっております。具体的には、建物全般の管理、営繕、医療機器の購入、採用業務、給与計算、資金管理、文書管理、ホームページの運営等多岐にわたっています。普段は患者さんや外部の方々と接する機会が少ない部署ですが、職員や患者さんが安心して過ごせるように情勢の変化に素早く対応し、経費の削減等もおこないつつ、安定した病院運営に取り組んでおります。

地域連携室

当院では、医療ソーシャルワーカーが入院時より患者さんの担当となり、安心して入院生活を送っていただけるように様々な相談をお受けしております。

  • 医療費や生活費などの生活的な心配
  • 退院後の生活環境についてなどの心配
  • 介護保険の申請方法や介護サービスの利用について
  • 身体障がい者手帳などの福祉制度の利用について
  • 自宅への退院が難しい場合の療養先について
  • 復職などの社会復帰について etc

上記以外のどんなお悩みでも親身になって解決方法の検討を行いますので、お気軽にご相談ください。