保険・医療・福祉の側面から
しっかりとサポートします。

トータルケアプラン21とは?
長尾病院併設の居宅介護支援事業所です。
介護が必要な高齢者の方やそのご家族の相談をお聞きし、介護保険の申請からケアプランの作成、様々な介護保険サービスの紹介、連絡調整等を行い、皆様が住み慣れた地域・自宅で安心して暮らしていただけるよう、担当のケアマネジャーがお手伝いいたします。

トータルケアプラン21の特徴

  • 様々な職種のケアマネジャーが在籍

    医療・福祉の基礎資格を持った様々な職種のケアマネジャーが在籍しております。様々な視点からご利用者様に合ったケアプランを作成致します。

  • 安心の即日対応

    当事業所ではご相談をいただいてから面談まで迅速に行う事で、なるべく早くサービスを受けて頂けるよう努めております。

サービス内容について

  • 要介護認定申請手続の代行
    介護保険から給付される介護サービスを利用するには要介護認定を申請し、「要介護認定」を受ける必要があります。
    当院のケアマネジャーがご利用者様やご家族に代わり、要介護申請の手続きを代行いたします。
  • ケアプランの作成
    要支援1・2と認定された方には
    地域包括絵支援センターに依頼し、同センターが介護予防ケアプランを作成します。
    介護1-5と認定された方には
    居宅介護支援事業者に依頼し、ケアマネジャーがケアプランを作成します。地域包括支援センターや居宅介護支援事業者が決まったら、住所地の「福祉・介護保険課」へ「居宅サービス計画作成依頼届出書」を提出します。

当事業所の取り組み

  • 地域活動も活発
    民生委員、地域包括支援センター等と随時連絡を取り合い、住み易い地域づくりに目を向けています。町内会館等での介護保険制度の出前講座の開催等も実施。
  • 充実の研修制度
    行政主催の研修はもちろんのこと、法人内・外の研修会に参加。サービスの質の確保に努めています。

Q&A

ケアプランを作成してもらうのに費用はかかりますか?
ケアプランの作成および相談は無料です。全額を介護保険で負担します。
ケアプラン作成を申し込んでから、どれくらいの期間でサービスを受けられますか?
ケースによって異なります。緊急の場合は、介護保険利用の申請をした日からサービスを受けられます。
要介護状態が変わった場合どうすればよいですか?
ケアマネジャーが介護度の見直しの申請代行を行い、ご利用者様の状態に合った介護サービスを受けられるようにします。
入院することになった場合、その間の居宅サービスはどうなりますか?
介護サービスは一時休止となり、退院したら再開となります。

サービス概要

  • 対象者
    介護保険の要介護・要支援認定の有無に関わらず、介護の必要な方全般のご相談に応じます。
  • 職員体制

    ケアマネジャー10名
    (女性7名・男性3名)

    基礎資格
    保健師・助産師・看護師・
    介護福祉士・社会福祉士