老人保健施設 老健センターながお

サービス内容

在宅生活支援

 脳卒中のリハビリテーションを主とする長尾病院に併設した老健センターながおのデイケアは、開設当時より継続して維持期のリハビリテーション(退院後、引き続き機能訓練、日常生活動作(ADL)訓練等を行いながら自宅での生活を継続することを目標とする)に取り組んでいます。特にリハビリスタッフが行う機能訓練だけではなく『生活リハビリ』を中心に、専門職(リハビリスタッフ、看護師、介護士、ケアマネジャー、管理栄養士、歯科衛生士)が連携をとりながらチームで取り組むことに重点を置いています。

 お一人おひとりの身体機能や動作能力、興味などは違いますので、個別に対応しながら目標達成のため、また楽しく過ごしていただけるようスタッフ一同で取り組んでいます。

リハビリテーション

 退院後、退所後の3ヶ月間は身体機能や動作能力のフォローアップと生活支援のお手伝いが非常に重要な時期です。
 現在、理学療法士(PT)2名、作業療法士(OT)1名によって、機能訓練やADL訓練を集中的に行い、身体機能や日常生活動作能力の向上を図っています。その他は自己運動プログラムをご自分で実施していただき、不活発症候群にならないように働きかけています。

家屋調査と自宅でのADLチェック

 家屋調査は、ご利用開始後にご自宅でのADLの状態を把握させていただくために実施しています。それをもとに、リハビリの内容をご本人・ご家族と相談し、訓練内容を決めています。

作業活動

 作業活動は、手指の運動、心身の持久力や安定、脳の賦活などに効果的です。OTの指導のもとで、介護士の協力を得ながらご本人の能力や趣味に合った作業活動を実施しております。

自主訓練の指導

 在宅生活をよりよいものにする為には、デイケアでの運動だけではなく主な生活環境である自宅での運動も重要です。その為、必要性に応じて当デイケアのリハビリスタッフ(現在、理学療法士2名、作業療法士1名)がそれぞれのご利用者にあった自主訓練を検討、指導させていただきます。

自宅で行う自主訓練:例

腹筋

腹筋

ベッドに仰向けに寝て、両膝を立てます。臍を覗き込むように、頭を上がるところまでしっかりとあげます。
この運動は腹筋の運動です。腹筋はベッドからの起き上がり時や立位動作時に欠かせないとても重要な筋肉です。

ブリッジ運動

ブリッジ運動

仰向けに寝て、両膝を立てます。その状態のまま殿部を持ち上げ、ゆっくりとおろします。
この運動は体の背部の筋肉の運動です(背筋や殿筋)。これらの筋肉も立位姿勢を保持したり、起立動作や立位動作時に働く筋肉です。

膝伸展
膝伸展
下肢全体の運動(ももあげ、膝伸展、足部運動)

イスやベッドの縁に腰掛けた状態でなるべく手は使わずに実施します。困難な場合は手をベッドについて実施しても良いです。この運動は足全体の筋肉の運動です。足は体重を支えるという重要な役割を担っています。足の筋肉を強くする事で立位動作が安定し、容易になります。

もも上げ 爪先あげ 踵上げ
もも上げ 爪先あげ 踵上げ
起立

椅子に腰かけ、お辞儀をする様にして立ち上がります。立位が不安定な方は手すりやテーブルなど安定して動かないものにつかまり、安全な範囲で実施しましょう。
この運動はふとももの筋肉である大腿四頭筋の運動です。大腿四頭筋は起立、歩行、階段昇降等立位動作時に必ず働く筋肉です。また起立は日常生活上、必ず行う動作ですので動作練習にもなります。

起立1 起立2 起立3
起立1 起立2 起立3

これらの運動はほんの一例です。運動は継続して実施することでより大きな効果が期待できます。
デイケアみのりではご利用者にあわせて上記のような自主訓練を指導しています。

口腔衛生と嚥下機能

 高齢や脳卒中の後遺症による嚥下機能の低下が見られることは珍しいことではありません。特に、口腔衛生やお食事場面での飲み込み(嚥下)に関してお困りの方は、お口のお手入れ方法や食事法の指導を行っており、必要があればご家族への指導も積極的にさせていただいています。

言語聴覚士(ST)による嚥下指導

 当デイケアでは定期的に言語聴覚士が食事の様子を拝見させていただいています。飲み込みに問題(嚥下障害)のある方の中には、個別に計画を立てて、ご本人、ご家族に指導を行なっています。また、他のスタッフへの指導を行ない、安全に食事を取れる様にサポートさせていただいています。

食事・栄養管理

 管理栄養士がご利用者の栄養状態や食事についての相談に応じアドバイスをさせていただいています。特に低栄養の危険性があるご利用者には、栄養状態の改善・維持を目的とした「栄養ケアマネジメント」という取り組みを行っています。

定期的なカンファレンスの開催

 ご利用者やご家族をはじめ、担当のリハビリスタッフ、看護師、介護士、ケアマネジャー等が3ヶ月毎に集まり、デイケアのリハビリ実施計画等についての話し合いを行っています。ご本人やご家族のご希望をお聞きした上で、今後のリハビリの方針や目標を決定し、方向性の統一を図る大事な会議です。ここでは、特にご本人の意志による自己決定を尊重し、自らリハビリを実行していただくことに重きをおいています。話し合いの結果は、リハビリテーション実施計画書にまとめ、ご利用者・ご家族にお渡ししています。

介護老人保健施設 老健センターながお
〒814-0153 福岡市城南区樋井川3丁目47番1号 TEL:092-541-1003 FAX:092-511-8838

個人情報保護方針

COPYRIGHT © 2009 ROKEN CENTER NAGAO ALL RIGHTS RESERVED.