老人保健施設 老健センターながお

  • ホーム
  • 入所
  • リハビリテーション

リハビリテーション

リハビリテーション

 老健センターながおでは、3ヶ月~半年、長くても1年という入所期間で、リハビリテーションを行うことで在宅生活へつなげる役割を担っています。

今、困っている事は何かありますか?
リハビリをして、何ができるようになりたいですか?
などをお聞きし、具体的な課題を見つけ出していきます。

それにより
一人でトイレに行けるようになりたい
もう少し上手に歩けるようになりたい
など、リハビリテーションの目標が明確になります。

「できること」を「していること」に

 私たちは「できる動作」と「している動作」などと言いますが、リハビリ訓練中には起立や立位保持ができているのに、普段の生活の中ではトイレで立ち上がらない、あるいはトイレに行かないといったことが割りと聞かれます。

 生活リハビリでは、訓練中にできている事を、普段の生活でも同じようにできるように、また、している事が増えるようにお手伝いしていきます。これはトイレ動作等のことだけでなく、規則正しい生活リズムを構築することが大きな目標になります。

24時間の生活全てがリハビリ

 朝起きて、顔を洗って、トイレに行って、食事をして、おしゃべりをして、笑って、泣いて、体操をして、新聞を読んで、歯磨きをして、お風呂に入って、ぐっすりと眠って・・・そういった全てがリハビリになります。

 リハビリといっても、普通の生活を取り戻すことが目標ですから、楽しく生活していただくためにお手伝いをすることが私達の仕事です。

 リハビリはきつい、いや、きつい事もありますが、ずっときつい事ばかりではなく、レクリエーションで楽しんでいただくこと、ナイトバーでお酒を飲みながら大きな声で歌うこと、おしゃべりをして笑う事もリハビリです。

 おおいに楽しみながら生活を送って頂きたい。そう思いながら皆様を支援していきたいと思っています。

残された機能を最大限に引き出す

自分でできることは、なるだけ自分でしていただく。
そのためには、介助の手を出しすぎず、見守り、待つことが大事になります。そして、安全に安心して暮らせるような環境整備と強い信頼関係が必要です。
そのようなことを、我々専門職がチームとして取り組んでいきます。

短期集中リハビリテーション

 入所してから3ヶ月間は、平日に担当リハビリスタッフによる20分程度のマンツーマンでのリハビリテーションを実施します。また、その方に合わせた自主訓練メニュー等も提案し、生活習慣に取り入れるように支援をしています。

認知症短期集中リハビリテーション

 認知機能の低下がみられ、自宅復帰を予定している場合、入所から3ヶ月間、週3回、20分程度、マンツーマンでの認知面に対してのリハビリテーションを実施します。

※平成21年4月厚生労働省の決定により、認知症短期集中リハビリテーションを利用できる方の幅が広がりました。短期集中リハビリテーションが身体的能力の維持向上を図るものに対し、認知症短期集中リハビリテーションは認知症の進行を予防、できれば改善できるようにするリハビリテーションです。
詳しくはこちらをご覧下さい。

訪問指導

 退所前に、担当スタッフがご自宅を訪問し、手すりの位置など環境整備のアドバイスや動作の仕方・介助法の指導、必要な福祉用具の評価などをいたします。

アクティビティー、集団体操、レクリエーションなど

アクティビティー(主にリハビリスタッフが担当)
塗り絵や習字、計算問題等、ご本人が興味を示され、抵抗なく取り組めるようなものを提供しています。作業活動を通して、認知低下予防、精神面の活性化等を目指します。このような活動では、ご利用者の意外な一面を見る事ができます。

集団体操(主に看護・介護スタッフが担当)
みんなで集まって、体操、筋力訓練、バランス訓練等を行います。毎日決まった時間、決まった場所に集まっていただくことで、生活リズムを作ることにもつながります。声をかけ合い、楽しみながら行っており、認知症のある方には、個別リハビリより集団でのリハビリの方が適している場合もよくあります。スタッフから誘われても「したくない」と拒否される方でも、みんながやっていると次第に参加できたりします。

役割活動を通しての間接的リハビリ(主に看護・介護スタッフが担当)
他のご利用者や職員から「ありがとうございました」「助かります」といった言葉をかけられると、だれでも嬉しいものです。役割はエプロンたたみや洗濯、プランターの水やり、雑巾縫い等々。リハビリスタッフも看護師も介護士もみんなで、それぞれの方に合った役割活動を見つけ出して一緒に取り組んでいきます。

レクリエーションや行事(主に看護・介護スタッフやボランティアの方が担当)
毎日行われる、介護スタッフを中心とした様々なレクリエーション。頭の体操、ゲーム、風船バレーや運動会、誕生会やナイトバー(お酒も少々)、ドライブやおやつ作り等々。楽しんで、笑って、気力を充実させていただきたいと思っています。 また、ボランティアの方々の協力で、カラオケ教室や生け花教室等も行っております。

介護老人保健施設 老健センターながお
〒814-0153 福岡市城南区樋井川3丁目47番1号 TEL:092-541-1003 FAX:092-511-8838

個人情報保護方針

COPYRIGHT © 2009 ROKEN CENTER NAGAO ALL RIGHTS RESERVED.