老人保健施設 老健センターながお

申し込みの流れ

入所およびショートステイ
利用申し込みの流れ

まずはお電話にてご相談ください

 入所希望の理由や現在の状況等、大まかな事をお聞きいたします。その後、施設にお越しいただいて、ご説明、ご見学、もう少し詳しい情報をお聞きしたいと思いますので、次回ご来所いただける日時の調整をさせていただきます。
(ご自宅や入院中の病院・施設が遠方の場合は、お電話もしくは必要書類などを郵送し対応いたしますので、遠慮なくご相談下さい)

ご来所していただいてのご相談、ご見学、納得されるまでご説明いたします

 ご相談にお越しいただきましたら、まずは介護老人保健施設の役割や老健センターながおの方針、規定、料金等の説明をいたします。その上で、ご家族様から、ご入所希望の理由・目的、病気や介護の状態、ご家族の状況、退所後の方向性・ご希望・目標などをお伺いします。その後、施設内をご案内し、ご見学・説明をいたします。


ご本人確認等、さらに詳しい情報を収集させていただきます

 ご納得いただき、入所をご希望される場合は、ご本人様の現状をもう少し詳しく教えていただきます。
 通院もしくは入院中の医師の「診療情報提供書」をご準備いただきます。必要時は、当施設の相談員が、ご本人様がいらっしゃるご家庭や入院中の病院、あるいは施設を訪問し、面接等を行います。また、病院や施設のスタッフの方から医療、リハビリ、介護に関する情報をお聞きします。

PDFで「診療情報提供書」が開きます。印刷してご利用いただけます。


主治医以下、当施設の各担当専門職による入所判定会議

 診療情報提供書の内容、訪問調査の結果などをもとに、入所判定会議(毎週火曜日に行っています)で、入所の可否を判定します。
 会議では、施設長(兼主治医)、師長、事務部長・主任、支援相談員、介護支援専門員、リハビリ担当主任、看護・介護スタッフ長が、それぞれの専門的見地から、当施設でのケアがその方にとって適切であるか、目標達成が可能であるか等を当施設の入所判定基準に則り、合議にて判定を行います。

「入所判定基準」についてはこちらをご覧ください。


判定結果のご連絡

 入所判定結果が出ましたら、お電話にてご連絡いたします。入所可の場合は、その旨を連絡後、入所の調整に入ります。ベッドの空き状況、ご家族様のご都合等を調整し入所日時の調整をいたします。
 また、入所判定の結果、入所が困難となった方にも、結果とその理由をご説明するお電話をいたします。


ご契約と入所前の準備

入所日の調整が進みましたら、入所前に契約を交わします。契約時には以下のものが必要です。忘れずにご持参下さい。

介護保険証医療保険証(国民健康保険、後期高齢者医療等)
公費負担医療制度(重度障害者医療、被爆者医療)を利用の方は各医療証
印鑑(ご本人、身元引受人の分。苗字が同じ場合は2種類準備して下さい)

契約後に、入所日に必要な物などをご説明いたしますので、当日までにご準備下さい。


チームで目標を共有し、同じベクトルに向かって取り組んでいきます

 入所当日は、担当ケアマネジャー以下、担当のリハスタッフ、栄養士、ケアスタッフと最初の打ち合わせをさせていただきます(第1回サービス担当者会議)。その時に、事前にお聞きしていた情報をもとに、リハビリおよび栄養計画書をご提示させていただきます。また、あらためてご希望や、要望、目標等を確認させていただき、ご本人様を中心に、ご家族、そして私たち専門スタッフが全員ひとつの目標に向かって支援していけるように、チームとして取り組んでいきたいと考えています。ご本人、そしてご家族が、安心して次のステップに進めるように最大限のお手伝いをしていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

介護老人保健施設 老健センターながお
〒814-0153 福岡市城南区樋井川3丁目47番1号 TEL:092-541-1003 FAX:092-511-8838

個人情報保護方針

COPYRIGHT © 2009 ROKEN CENTER NAGAO ALL RIGHTS RESERVED.