診療科目

胃腸内科/消化器内科/内視鏡内科

消化管や、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓の病気の検査・治療を行う診療科です。

消化器内科は、食道、胃、小腸(十二指腸・空腸・回腸)、大腸などの消化管の疾患や肝臓、胆道、胆嚢、膵臓などの実質臓器の疾患を治療する診療科です。代表的な疾患は、食道がん、胃がん、大腸がん、ヘリコバクター・ピロリ感染症、食道胃十二指腸炎、腸炎、消化管出血、消化管狭窄、A・B・C型肝炎、肝硬変、肝臓がん、胆石、胆管がん、胆管炎、膵臓がん、膵炎などです。

対象となる病気や症状

  • 食道がん・胃がん・大腸がん
  • ヘリコパクター・ピロリ感染症
  • 肝臓がん・肝硬変・肝炎
  • 胆管がん・膵臓がん・膵炎
食欲不振、嘔吐、消火不良、吐血、下痢、下血、便秘、腹痛、お腹が張るなどの症状がありましたらお気軽にご相談下さい。

主な検査

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)、経鼻的内視鏡検査、大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)、上部・下部消化管透視検査、超音波検査、CT検査など。

主な治療法

薬物療法/ポリープ切除 など
外科的手術や、精密検査が必要な場合は、福岡赤十字病院、福岡大学病院など近郊の専門病院へご紹介致します。

診療日

項目
午前        
午後